恋愛は駆け引き、心理戦

日向孝志のメルマガ登録は
こちら
から!

こんばんは、日向です。

前回のお話

読者モデルと写メ交換

写メを送ったあと、返信がなくなりました・・・・・
しかし、夜遅く携帯が鳴った・・・・・

では、ご覧下さい!

まさか?

と思い携帯を見ると

彼女からのメッセージでした!

「よっしゃ!!!!」

とガッツポーズです!

内容的には、今まで変わらないようなテンションの感じ。

で、そこから恋愛話に持ち込もうとするが、

なかなか口を割らない。

そして、残念なことに

明らかに返信のスピードが落ちています。

写メを送ったあとにすぐ返信がなかったのは、

やはり忙しかったということではなく、

好意が下がったというのは間違いないでしょう。

そして、

「このままではフェードアウトしてしまうっ!!!」

と思った俺は、作戦を変えます。

モデルをしてたり、Facebookに自分の画像を

たくさん載せているくらいだから、

・絶対自分のことが大好き!
・誉められるのも大好き!

そう読んだ俺は、

「持ち上げ作戦」に出ます!

しかし、まったく手ごたえがない・・・・・・

そして、返信がどんどん遅くなってきます。

ちなみに、今、過去のLINEのやり取りを見直してみると、

一日以内には返信はあります。

しかし、それまでの即返信と比べると遅いし、

何よりも心に余裕がなくなっているため、

その時は焦っていました。

そして、いつもなら

もう返信があってもいい時間なのに、返信がない。

「これはもう返ってこないか?」

このままではヤバいと思った俺は、

賭けに出ます!

合コンの提案です。

(飲み会という言葉を使ってます。
やることは同じでも、合コンという言葉に拒否感を感じる女もいるため)

LINEで送って30分くらい経ってから「既読」になりました。

それから30分ほど経っても返信がない・・・・・・

向こうは既に俺に興味がないと思われるため、

何かメリットを与えないといけないと思い、

「イケメン連れていくよ!」

と追撃しました。

で、既読になりましたが、返信なし・・・・・・

終了・・・・・・・

失意の中、紹介してくれた友人に電話をします。

友人は

「何で女ってそうなんかなー?
一回会ってから判断してくれればいいのに。」

などと言ってくれます。

話の中で、

友人が合コンの話を彼女にしよっか?

と言ってくれましたが、

このタイミングでそうなったら、

俺が頼んだみたいな感じがするから、と遠慮しました。

最終的には数日経ってから

友人が彼女に連絡を取ってくれることになりました。

家に着き、電話を切って携帯を見ると、

LINEのメッセージが・・・・・・・・

続きはまた!

(このパターンはもういいですか?笑)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。