価値観の違い

日向孝志のメルマガ登録は
こちら
から!

こんばんは、日向です。

昨日、友達と飲んできました。

中高生の頃からの友達数人なんですが、自分の感覚との違いを感じました。

共通しているのが、全員彼女がいないということ。

類は友を呼ぶということでそうなるんでしょう。

俺は自分の恋愛活動のの話をします。

そうすると、

「もうそんな年じゃない」

「俺たちはもうおっさんだ」

「年相応にしろよ」

などということを言われます。

自分としては、そういう発言をされると

あまりいい気がしません。

年齢の問題ではなくて、心の問題だと思います。

もともと俺と彼らとは、恋愛に関する目標が違います。

彼らは、普通に出会い、普通に付き合い、普通に結婚して

という風になりたいんだと思います。

俺の場合は、どんな女でも落とせる魅力のある男になりたい、

というのが目標です。

例えば、街を歩いていて、ものすごくいい女がいます。

その隣にはカッコイイ男が並んでいます。

俺は、その光景を見たときに、ものすごく悔しいと思います。

なんで、俺の隣にはあんないい女がいないんだ!!!!

となります。

彼らにはそれがないんだと思います。

悔しいとか言う前に、違う世界の人間とでも思うのでしょうか。

もちろん、それがいいとか悪いとかいう話ではなく

価値観の違いだと思います。

一般的には、それが普通なんでしょう。

ただ、恋愛以外の話にしても、

彼らからはさきほど書いたような類のネガティブな発言が目立ちます。

そうすると、こちらとしては楽しくないです。

よく、成功してお金を稼げるようになった人が

同窓会に行って、久々に会った友達との話が

会社のグチ、上司のグチ、仕事のグチ、給料のグチ、家族のグチ、

などばっかりで、がっかりするというような話を聞きます。

それとは違うでしょうが、自分の考えと違う考え方を持った

人達とつるむことには違和感を感じます。

彼らは友達なので、今後も一生付き合っていくとは思います。

しかし、同じ考え方を持った仲間というのは、非常に大切な存在だと思いました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。